交通事故の慰謝料について

交通事故の慰謝料が認められるのは、人身事故の場合、家屋を壊されて生活に大きな支障がある場合、ペットが死亡した場合等になります。被害を受けたのが自動車等の物損事故の場合には慰謝料は認められません。これは物損の場合、修理や買い替えを行うことで被害者の気持ちも慰謝されると考えられているためです。物損でも家屋が大破したような場合は生活に大きな支障をきたすために慰謝料が認められる場合があります。単に塀が壊れた位であれば慰謝料は認められません。家屋を壊された場合やペットが死亡した場合の慰謝料の金額はだいたい10万円から多くても20万円位です。です。人身事故の場合は怪我の大きさや入院や通院の期間、後遺障害の有無などによって変わってきます。死亡事故の場合は遺族の人数や被害者の家庭内の立場などによって変わってきます。

交通事故の慰謝料をアップさせる方法

交通事故の慰謝料は、保険会社に任せっきりにしていると安くなってしまうことがあります。なぜなら、保険会社に任せた場合には、自賠責基準や任意保険基準という安い基準額が適用されるのが普通だからです。弁護士に仕事を依頼すると、この基準が弁護士基準というものになります。安い基準と比べてみると、その差は歴然です。具体的な金額で言うと、倍以上変わってくることも珍しくはありません。保険会社にまかせておけば500万円だった賠償額が、弁護士に依頼をするだけで1000万円以上になることは珍しくないわけです。少しでも得をしたいなら、弁護士に依頼をするのが一番です。ただ、あまりにも被害が軽微な場合には断られてしまうこともあります。通院期間が長くなったとか、後遺障害が残ったという場合にのみ依頼するようにしましょう。でないと赤字になることも考えられます。

交通事故の慰謝料に対する正しい対応

 

交通事故は出来れば起こしたくないものであり、起きてほしくありません。ですが生活の上でいつ起きてもおかしいものではありません。法律の関係上、被害者と加害者では、事故の際にどんなに被害者が悪いとわかっていても、加害者の分が悪くなる事が多いです。被害者が亡くなった場合は尚更です。車両事故や対人事故などケースは様々ですが、どのような計算で慰謝料が決まるかはあまり知られていないのが現状です。保険会社によって大体は決まっていますが、状況によっては金額が大幅にましてしまうケースもあります。騙されるという訳ではありませんが、法律に詳しくない場合、損をする事態が発生する事も珍しくはありません。事故対象者が法律に精通する人間であれば尚更です。このような場合は、相手の言い分を考慮した上で、自分一人で結論を出すのではなく、保険会社、場合によっては弁護士、法律相談事務所などの意見や助力を仰いだ方が、慰謝料の過払いを防ぐ意味でも得策です。

関東地方を中心に静岡県、山梨県、長野県、新潟県の交通事故の法律問題に対応しています。 交通事故被害者案件(後遺障害等級認定、示談交渉、慰謝料請求)を専門とする弁護士事務所です。 当事務所では、交通事故の被害者となられた方々のために、法律相談料を無料として、お気軽に相談に来ていただけるようにしています。 交通事故の慰謝料に困ったら